歯科のインプラントと保険適用について

インプラントは、人の身体の中に器具を埋め込むという意味で用いられています。

医療用の器具を埋め込みますが、このインプラントによって、失われた機能を回復したり、補助的な役割と与えたりと、生活の質を取り戻すのに、大変役立つ存在といえます。


特に有名なのが、歯科で行わわれる、人工的な歯を埋め込むデンタルインプラントです。
歯周病や虫歯などといった歯の疾患の進行に伴い、ほぼ失いかけた歯の機能を取り戻すことができます。人工的な歯の素材として、チタンやチタン合金がよく使われています。

歯の根元に該当する骨の部分に器具を埋め込んでから、人工の歯を取り付けますので、見た目的には他の健康な歯と変わりがありません。

詳しく知りたい教えてgooの口コミ情報をまとめました。

この治療は整形外科と同じ種類に含まれており、基本的には保険適用外ですが、平成24年4月から、ある一定の条件を満たせば、保険適用が許可されています。

保険適用の中でも難しい条件となるのが、病院での治療に限ることです。



一般的な歯科は医院、もしくはクリニックと呼ばれる診療所が主で、病院の条件であるベッド数20床以上の基準を満たせていません。

横浜のインプラントの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

つまり、多くの入院患者を抱えるような、ある程度の規模を誇る総合病院のような医療機関で治療を行う、症状が重い人に限定されて、保険適用になると覚えておくとよいでしょう。

インプラントを埋め込むために、土台となる器具が骨としっかりと結びつくまでには、2ヶ月から半年程度かかります。